ドミニカと

ノイローゼとドミニカ

「不況」ではなくて「普況」です。マイナス成長やゼロ成長、一%以下の成長率が続くでしょう。九九年秋ごろからまた北風が吹くと思いますが、二○二○年、本当に経済が次のサイ第8章景気を回復させ、日本をまともな国に戻す6つの提案クルに入るまで、税収が大幅に増えることはありません。それをあてにして、六○年償還の国債で子孫にこれ以上のツケを残すようなことをしてはなりません。二、独占撤廃郵貯、電力、甘やかされた独占が国の競争力を弱める二つ目は、独占撤廃です。規制緩和という言葉がありますが、あれはディレギュレーションを「規制緩和」と作為的な訳し方をするから悪いので、本当は「撤廃」です。規制緩和なんて甘っちよろい。規制撤廃、独占撤廃です。独占を許され、競争相手がなければ堕落するのは自然の理。どうしても企業努力は疎かになります。高コスト構造を抜本的に改革しようとしません。国民も困りますが、甘やかされた独占は競争力を失い、結局日本全体の海外との競争力を低下させるのです。独占は二つあります。一つは電力。これは地域独占です。

そして,その食費を3倍した金額をもとに世帯人員別の貧困線が計算されている。この計算によれば,00年の人世帯の貧困線は年間所得万8850ドルとなっている(OfficeoftheFederaRegister[00])。交際クラブとパピプペポが変化すると貧困線の金額も変化するが,それ以外には変化をもたらす要素がないので絶対的なものと考えられる。コミュニティ視点一貧富の差かりに世界共通に用いられる貧困線が存在するならば,’性別,年齢別,人種・民族別,職業別,国別,地域別など多様な観点から貧困者率(人口に占める貧困者の割合)を比較できるようになる。たとえば,スミーデイングらは,ルクセンブルク・インカム・スタディ(IS)というデータベースを分析して,OECD加盟国中カ国の絶対的貧困者率を明らかにしている。

どうしたらあの世で家内にみつからんですむだろうか、そのことばかり気にやんできました。しかし今日の話で、道理がようわかりました。もういつでも、あの世に行けます。あの世に行くのが楽しみになりました。そしてあの世に,ラ II女の時代行ったら、あらんかぎりの大声で、家内をよばわって歩きます。そして家内をみつけたら土下座して、『すまなんだ。わしのようなつまらん男にようここまでつかえてくれた、本当にありがとう。おなどのことをなんも知らなんだから、人でなしのことばかりしてしもうた。許してくれ』と這(は)いつくばっておわびをします。先生に、もう三十年早くお目にかかって今日のようなお話を聞いていたら、わしの人生ももう少し違ってましたやろうに。今日はありがとうござんした。これで安心して、あの世に行けます」割れるような拍手でした。

続けて羽尾先生は言う。「たとえば勝耽に石ができる子というのは、やはり自己表現がうまくできなくてガマンしちゃうからというケースが多いんです。感情と肉体的な症状とは分けて考えられますけど、基本的に物質もエネルギーからできていて、意思も感情も同じエネルギーです。その振動数がゆっくりになっていって固化したものが物質だという考え方ですね。だからどこかのレベルでしこりがあると、肉体的な症状になって現れてくる。胆石とかおなかにしこりができたり腫傷ができたりする子は、言いたいことを十分に言えずにガマンしちゃっている。「ぼくはこうなんだ!』って言えないケースが多い。出る部位にもそれぞれ意味があって、 それはだいたい本人に話を聞きますと当たってますよね。たとえば歯だったら、歯周病とかありますが、ふつう西洋医学ではガンガン抜きますよね